2015年6月3日水曜日

treat

自分の呼吸を整えて、

やってくるものを受け入れる。



開いては、閉じる ロータスの花のように





大好きな彼女のバースデイプレゼントにと、

マンダラのオファーを受けた。 


素敵な依頼に、私も喜んで 心を捧げた。




感謝の気持ちを込めて。




心からの 全ての行いには、 見返りを求めていない。

ただ、心から愛しむだけ。





大好きなキルタンアーティストに会いに行った。


神聖な波動をもつ サンスクリット語のマントラを美しいメロディーにのせて、繰り返し歌う。


音が力を持ち パワフルな癒しをももたらす音のバイブレーション。 





キルタンはいつも 私を強く勇気づけ、

そして、やさしく守ってくれる。





この島はいつも素敵な出会いが溢れている。


チョイスをする人次第。






沢山の人たちに背中を押してもらい ここまできた。


私にできることを 大切にしたい。


これからも、もっと。







今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年5月26日火曜日

note



涙が止まらない練習を数日間した。

声はマントラを唱えられないほど力を失った。

呼吸をする度に 胸の奥の苦しみが むき出しになって、抑えられず 目から涙が溢れていった。

ねじり、ひねりのポーズは悲鳴をあげるほど苦しく

胸を開くポーズは どれもホールドができないほど 辛かった。

自分では全くコントロールできないプラクティスを初めて体感した。

その日々から、8日間 

腰の痛み 胸の苦しみ やってきた都合 長らく心を使った分、私の身体はお休みした。




9日後

久しぶりにマットの上で呼吸し始めたわたしは
突然のように、自分でも信じられないほど身体が軽く 最後のポーズの一つ手前まで 穏やかなペースで行うことができた。

人体実験のような日々

練習は何をもたらしてくれるのか。

そんな答えではなく、行う という行為を しばらく大切にしたいとおもう。

大好きなこの場所で、毎日大好きな太陽が私を照らしてくれた
遠い場所から 心の近い人たちが 沢山気にかけてくれて 私を包んでくれた。


人は互いに支えられて生きている。

たった一言でも、伝えてくれる言葉があれば
それを受け取り優しくなれる。

ほんの少しでも耳を傾けてくれたら
その心を知り癒される。

感じてくれてありがとう
想ってくれてありがとう。



今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年5月16日土曜日

Sunset Sunrise

1ヶ月前

やっと乾季に出会えたと 思っていた



そのあと再び 雨季のよう。

月初めの土曜日にやってきたサラスヴァティの日も

夕方前まで 水の神様らしい 降らせっぷり。









ふと気がつくと、

すっかり乾季らしい空になってきた


雲がひとつもない空は

色を染めていく太陽の光が放っていて




どこまでも続く青の色と

幅を狭めていく オレンジの境目を ずっとずっと見ていた。






昇ってくる太陽も まんまるに 光を広げ

めいっぱい「おはよう!」と 伝えてくれる






朝も夕方も 美しい時に出会えることに感謝します







今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪
Have a nice day!

2015年4月13日月曜日

It's now dry season again.



4月になってから、しっかりと乾季を感じるようになり 
空には風物詩の「大きな凧」が日に日に増えてきている。






インド経由の友人を迎え、共にアドベンチャーな毎日を送っていた1週間。




彼女を温かく迎えてくれているような素晴らしいお天気で

ドライシーズンらしい羽根のような雲、

オレンジ色の太陽、

時折雨季を恋しがる空がスコールを降らせてみたり、ひつじのような雲を作りだしている。







約5年以上?ぶりにマットを並べ一緒に練習する朝は 彼女のエネルギーを授かり、最高の練習をさせてもらた。



そして、先週から3カ月ぶりに帰ってきたティーチャーと、
これからの12カ月間のプラクティスでさらに私の身体と心は喜び、さらに新しい発見をさせてもらっている。


ティーチャーのアジャストで、見たことのない景色や(実際には視界ぼんやりとしているが)、身体をめぐるエネルギーを感じている。





新しい出会いがもたらしてくれた大好きな場所での素敵なクリエーションや、



私の好きな場所へ連れ出したり。





ずっと行ってみたかった場所へ 自分の友人だけの為に深く味わたり







贅沢すぎる時間を笑顔で過ごし、踊り、唄い、笑い、yogaをしてめいっぱい楽しみすぎた1週間だった。







前回のポーズをもらってから?クエスチョン続きだったラストポーズ。

先週からスタートしたティーチャーとのプラクティスから

ラストポーズのクエスチョンから一歩先の感覚を知り、確かめるように呼吸を深めていけるようになった。



そして、
プラクティスを始めた頃の私が、横目でみていたあの遠いポーズがやってきた
Eka Pada Shirshasana



今日からまた新たなポーズとご一緒させてもらう。






だんだんちょっとずつのdaily practiceから、
予想もできない自分の進化を体感できる喜びがある。





今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年3月26日木曜日

better to do something imperfectly than to do nothing flawlessly


その行為は、自分の心を潤わせてくれるから


毎日、素敵な心をあたたかくしてくれるような出会いがある。


太陽の光や、ミステリアスな色のグラデーションの空

大粒の雨、 からだをやさしくなでてくれるような そよ風


笑顔にさせてくれる人との出会いや、思わず はっとするような、とめどなく流れ落ちる涙




人が人を想う優しさが、私のもとに新しい出会いを運んでくれて

それをめいっぱい私も感じて差し出したら


何倍、何十倍になって 私のもとにもどってくる。


その幸せに感謝して抱きしめたら、

その時思い浮かんだ 人に 優しさをサーブする



そういう還元、 循環をさせて生きて行きたい





幸せにみたされたSpiritual daysから 

私のクリエーションの炎は再び燃え始めた


「いつかしてみたいな」 は 「やっぱりしたい」 に、いつか届く日がくる




そんな想いを伝えられる相手が近くに感じたとき、 ためらって ちょっとどうかな と思っても

想いの方が強かったら すんなりと 言葉になって現れる。



小さなころから、図工が大好きだった私。


母や、父はそんな私を知っているはず


テレビを見ながら、ご飯を食べる時間も忘れるほど 何かに没頭し 集中する力。


歳を重ねても、あの日々の自分の 「したい」 に向かっている力を忘れたことはない。



その原動力と同じものを 感じた物事は 私の中で いつもフィットする






自分のクリエーションをさせてもらえる場所がある この島に溢れるお花でMandalaをつくる

今は毎週日曜日が来るのがとっても楽しみ。








この島で、毎日何度も何度も 捧げられるお供え物。


色にも意味があり、欠かすことのない 彼らの日常

常に色に囲まれて、愛しみ 捧げ 還元していく





素敵な言葉Noteから




すべてのものは美しい
しかし、すべての人がその美しさに 気づくわけではない
~孔子~



美は 見られる人の 心の中にある
BEAUTY  IS THE HEART OF BEHELD
~クリスティ・ターリントン~




神様のことをサンスクリットで唱えるマントラ(Mantra)や、マンダラ(Mandala) のちからは

本当に沢山の素敵をもたらしてくれている








人に役立つことを行うということは、幸運のためにいけにえを 捧げるようなもの、
あるいは限りのない見返りへの投資のようなものであるといえるかもしれません。

そして、人間関係において 
このように身を捧げることは、つまりは宇宙に対してもっとも重要な貢献を行うことに
なっているのです。
~クリスティ・ターリントン~



何をしようとか、
自分は何がしたいのかと考える前に、
今ことのき、自分の目の前にあることに忠実に心をこめて動くことで、
答えは自ずと出てきます。
私は、奉仕というものは、
まず自分の足もとのことから始めるものと思っています。
道端にジュースの缶が落ちていたら
歩いている人がつまずかないように拾うとか、
自分のまわりの人たちに、
いつも明るく温かい言葉をかけるように
心がけるとか、

そんな些細なことの積み重ねが、人の心に伝わります。

~佐藤 初女~





受け取り、そしてリリースする。


そしてまた わくわくがやってくる。



今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年2月21日土曜日

言葉のちから my Note



Note
さまざまなインスピレーションがあり、スペースを作ったことで
また再び開いてみることになった私のNote.
6年前はよく 手のひらサイズの1冊のモレスキンのBlackノートに 
素敵な言葉に出会うと、美しいBlackインクのペンで、
大切に ひと文字 ひと文字書き写して 心に留めていた。

いつ、このNoteを開いても 私にインスピレーションを与えてくれる。

自分のすっきりとしたイメージになることができる大切なもの
この島にやってくる時に 一緒に持ってきた。

それから、ここに書き綴る文字は休息していたようで、
今日久しぶりに とても書き留めたいものがやってきて 再び開くことができた

今私に再びやってきた言葉は いつの日か もっと味わい深い 言葉になる。
そうやって、時期や時間を決めずに 大切に続けていこうと このNoteを始めたときも想っていた。


私を動かす言葉になっているもの
今ここで書き、自分にもっと響かせる


自分が今までに出会った本や、大切な周りにいる人たちから
私を想い 教え、貸していただき 出会えた言葉の数々。 


あの日 あの時の空気、

その本を貸してくれた人たちの顔まで
見えてくるから、さらに幸せになった。 


それぞれNoteに書きうつされた言葉たちにも その人たちの優しさが加わっている。
ありがとう。


抜粋させていただけることで、自分の心ももっとクリアになる。

・・・

向こうかららってくるものの裏側には 自分が本当に求めているものがある

意識の奥深いところで念じていた思いが次第に周りの環境を変え、
自然にかたちになって現れる。
いまは意識にのぼっていなくても、知らず知らずのうちに自分の良くする方向に近づき、
求めているものが目の前まえに現れたときに 見極めることさえできればチャンスをつかむことができます。

普段から、自分の心の声に耳を傾け、
神経を研ぎ澄ませていられれば、自分に必要なことは向こうからやってきます。

ヨガで「マインドをシンプルにすること」を目指すのは、余計な雑音を排除して、
自分の心の声を注意深く聴きとる耳を研ぎ澄ますためなのです。

~ケン・ハラクマ先生~




「 心の変化は徐々に得られるものであり、 
突然に得られるものではない  」

~ヴィジュニャーナ ビクシュ~



自分の外にある物事は自分ではコントロールがつかないため、
それよりもいくらかコントロールできる自分の中にあるものから対処するということは、
確かにどんな場合においても良い考えかたです。


大切なことは、愛のある家族に育った子供は、生涯にわたって自分自身を愛し、
そして他人も愛することができるということなのです
~クリスティ・ターリントン~




ヨガの教えでは、
人はヨガを極めるために職業を変える必要はなく、
むしろ仕事そのものへの意識を 変えるべきだということを
何かで読んだことがあります。

自己実現とは、神から与えられたものを
最大限に利用することを学び
すべての創造物に貢献するために
その天賦の才を使うことです。
~クリスティ・ターリントン~



宇宙のすべてのものは、
まるでひとつのものであるかのように つながりあっていて、
そのさまざまな部分は、われわれ人間の臓器や器官のように、
たがいに依存しあっている。

どのひとつのささやかな変化も 全体に影響をおよぼす。
人間の生命活動はその宇宙に支えられている。

したがって、人間はたんに地球の住人であるだけでなく、
目に見えるもの、見えないものをふくむ、宇宙のすべての部分の住人でもある。
~ ロバート・C・フルフォード 『いのちの輝き』 ~



「強さを持たぬ者は、
 
この大いなる自己を手に入れることはできない」

~ムンダカ・ウパ二シャド~




「真実は神であり、神は真実である」

~マハトマ・ガンジー~








「ものは心で見る。

肝心なことは 目では見えない」

『星の王子さま』サンテグジュペリ著 池澤夏樹・新訳





私がAshtanga yogaに出会ってからまもなく6年生
出会わせてもらえたすべてに  ありがとう。


今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年2月19日木曜日

spiritual practice days

























まだ余韻が残っている





この余韻をまだ味わっていたい




言葉が滝のように止まることなく流れて、溢れていた








この止まることがない言葉とイメージをノートに書き留めていたけれど


あの方からの言葉を授かり、


流れ出していくのも静かにおおらかな気持ちで離してみた


そうしたら、エナジーがみなぎる日々から少しずついつものリズムへと戻っていった








その日々の真ん中で、次の日に変わろうとしている時刻に


急に雨が降り始めた。そのスコールは雨季らしいものに混じって


みんなの悲しみが流れていくのをイメージで見ていた。





私は雨音の始まりから 雨が止むまでの2時間ちょうど、一睡もできずに苦しんでいた。





さまざまな苦しいものがやってきて、


使いきったエネルギーをリチャージすることもできず 頭がフル回転していた。








私のプラクティスができていないことに気付き、


このままあと1時間以上眠ることが出来なかったら、


マットを敷きプライマリーのプラクティスをしようとこころに決めた。








雨の音が遠くなり、アラームまで少しだけ眠っていた








この不思議な時の話しを 後になって話すと あの方が教えてくれた。


「あなたは、受け取ったら 自分で止めているからだよ」 





そして


「もっと大きく 受け取ったら、流しなさい」 と。





Take と Release の大切さ


お金も同じようなものだと 教えてくれた。














雨季のこの島なのに、沢山の美しさがやさしく包んでくれた





やさしく大きな太陽


無数の星空が広がる空


澄みきった真っ青な空





今までよりも大きなエネルギーを感じていたとき





自分と素晴らしい満たされた時を共有した人達とのspiritual practiceを過ごしたあと


自分のお家へ戻ってきたとき いつもとは違う 変化が周りにあった。





天気にも恵まれていたはずなのに、


フランジパ二の無数の葉が 黄色になって枯れて落ちていて





いつも通うシャラにあったアメジストの大きな石がついたアクセサリーに


初めて目にとまり、手をかざすと温かいものがハートまで届いていった





授かったシヴァの神様が 頬を上げてにっこりほほ笑み瞑想をしている表情に変わっていた(目を開けたシヴァだと思っていたに・・・)











沢山交わした美しい言葉





一緒に奏でた それぞれのハーモニーとサンスクリット語のMantra





‘Soul(魂)が喜べば、幸せがやってくる


Soul(魂)が悲しむことは あなたにとって良くないことだ


Soul(魂)の喜ぶチョイスをしなさい





何度も、何度も私に伝えられていた言葉。


あの時と同じ言葉なのに今回はぴったりと収まる気持ちを感じた。





何度もなんども繰り返し 自分の中に響かせる


I’m
happy,I’m happy,I’m happy.





音は自分の内側に響きはじめ、


その持っているエネルギーはやがて外側へ広がっていくと思う








心で受け取ったイメージを私の全身を通り


筒の中を流れていくもののように 言葉になり 周りの人へ伝わるお手伝いをする





私というフィルターで見てもらえた映像や写真、言葉のイメージを一緒に

































































































































































共有させてもらえることも私のSoulが喜んでいる













‘Create
Space’
スペースを創造する。


Kirtanで感じたスペース





Ganesha のマントラで霧雨のような優しい雨が降り風が吹き大地が、学びを喜んでくれた


Lakshmi のマントラで沢山の美しいものの捧げものでHappyを放った


Saraswati のマントラで大切な、大切な母を想い こみあげる涙を止めることなく流した





All
I Ask of You
 


私があなたに望んでいることの全ては   ただそれだけなのです。





自分の幸せを大切にして、輝き始めたら 

























周りにその幸せがスローに伝わっていくイメージ








‘Create Space’スペースを創造する。








そう、忙しい日々から離れて 物足りないなんて思う日は一日もなかった私





やっとやってきた


贅沢すぎる 急がない、自分のプラクティスをし、ゆっくりと過ごすこと 


すべきことはできる限り12つまでの日常 笑








そしてこれからはもっと、心からしたいと思うことに向き合い、捧げること





自分の方が授かるものが多くて、感動と幸せが溢れでて宝物の時間になっていった。








そして、この素敵な時間を過ごしている中で見えた


確信へと変わる沢山のこと。





次の学びと 私自身の行いの道が見えてきた





魂が悲しむことは良くないことだと教えられていた日々は


悩みながら、その抜け出せないサイクルに 苦しんでいた。





勇気と、タイミングをもって 今がある。





後ろをしっかりと振り向いた今、


まさにその言葉の力を感じている








Deepな日々から、いつもの自分のマットに立ちプラクティスに戻った朝


驚くほどのしなやかさと軽さが自分にあった


ずっと休憩していたCome up Drop backもなんの緊張もなくできている


私のSpiritual practiceは身体もソフトにしてくれていた


心も身体も喜んでいたんだね


































美しいものを慈しみ、愛で そして優しい私でいつまでもいられますように









今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪
Have a nice day!

2015年1月29日木曜日

拍手かっさい



雨季の2月が近づく、今日この頃

夕暮れ時には ほんわりとしたピンクのグラデーションの空が 毎日のように広がっている


一瞬、一瞬 微妙なグラデーションが色づいていく。







今朝のプラクティス


やさしく腰をおとして見守る ティーチャー


Marichyasana Bをとり、深く呼吸をする 私


いつものように Come Upを練習するブロンドの彼女。


彼女のチャレンジポーズだ。


ブリッジから呼吸と共に 3回呼吸 Inhel Exhel 吸って、吐いて 


自分の足だけで マットに戻ってくる





何度か、いつものようにチャンレンジ中、 ふわっとできた! Come up




ティーチャーと私は同時に 拍手喝さい!

Yes!Yes!と 大喜び


本人よりも 私とティーチャの方が、涙ぐんでいた。




素晴らしい瞬間を わたしたちは、一緒にプラクティスをしている喜びを味わった



すかさず、ティーチャーは「もう一回」 と言い

彼女はもう一度 ふわっとできた。




このなんとも言えない瞬間に立ち会えたことで

それぞれが経験してきている チャレンジができるようになった! という日々を迎えられるまでの

さまざまな感情が一緒にでてきてしまったのかも。







温かい空間を共にできていること

チャレンジを乗り越えていく道のり、

そしてやってくる いつか という瞬間が 全てに必ずあるということ



それぞれの 今までがあり、 これからがある ことを 日々学んでいる







私たちが 魅了され 練習をする日々の理由のひとつにきっと違いないはず



今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年1月26日月曜日

Come and Left


金曜日の練習は、今までで一番と感じるほど 膝と、腰のあたりの苦しさを感じていた。

身体が「お手上げ~」と 強く叫んでいるようだった。

ブロンドの彼女から 彼女が通うHealer を強く勧めてもらい、
セッションを受けることにした。


セッションでは大きく何度も「痛いぃ」と 叫んでしまうほど 身体をよく知る人だった。


もちろんセッションに出会えたことも 大変嬉しいことだったけれど、

何よりも 私は、一緒に練習をする彼女の人を想う気持ちが本当に嬉しくて、

すぐにメッセージを届けた。「you are super sweet!」って。



土曜日はどっと色々なものが流れてくるようで、
時間を忘れて、長い朝の睡眠を繰り返した。

だるさの感じる1日だった。




練習への目覚ましが鳴る日曜の朝。

まったくといって、起きることができなかった。 もちろん練習もお休みした



今まで頑張ってきた 痛みの部分を こんなにも我慢していたのかと
自分で驚いた。




月曜日の今朝から いつものように身体が起き、

新しい身体の目覚めだと思い、 

さらに この気になる部分達にフォーカスして練習を始めようと スタートした。

とにかく 探して、研究していくように 。




ポーズを取る中で、安定してとれるようになれるよう 

ジャンプしてホールドするポーズに向けて 少しずつ、前に進んでいるのを感じている。


その感覚を楽しみながら、探っていた今日のポーズ。




さらに 感覚を強くつかむものとなった瞬間に

私は大きく Yes! と叫んでいた。(なんだか外人みたい・・・笑)




いたわりながらの練習はとっても楽しかった。


そして、やってきたNext Pose

Ardha Matsyendrasana 



私は長い間かかっても キャッチできない スプタクルマ―サナというポーズがある
 


このポーズは これからどれくらいかかるのだろう。と思うくらいとっても遠いポーズ




きっと 私がこれから長い間 

今もらったポーズをまでを。繰り返し、繰り返しするのだろうと 本当に深く感じている


私のさらなる Long Journeyが始まる






練習の後、いつものココナッツへ行き、 そこでティーチャーと話しをした。



身体の痛いところが 歩んで行く道の途中でやってきてしまう 私の学ぶヨガ


同じ学びをする世界中の人達が それでも、魅力を感じ 日々プラクティスする。




その魅力について、私も少し感じてはいるけれど

それぞれ歩んできた 痛みとの向き合い方にも とっても興味がある。




もちろん痛めるために練習をしている訳ではない。




私は 話の中で聞いてみた。 ティーチャーはどうなのかな?


彼女は Come and Left といっていた。




やってきては、去って。 の繰り返し



この、いつまでも続いていく 深く考えられたシークエンスの中で


私自身の身体で 感じることができなかった新しい筋肉や 身体の一部と出会い、知る。



今朝の新しいポーズも そんな新しい部分に 「こんにちは!」と言いたくなった 気分だった 笑



世界中のプラクティショナー(練習をする人)へ是非投げかけてみたい質問のひとつ




今朝も沢山の汗をかいて 太陽が輝く外へ出た。

ブロンドの彼女とバイクにまたがり 話した。


「次のマイソールへのトリップは この時期を考えてるの」 と

「もし、一緒に行けるようだった 一緒に行こう」



数か月前彼女も このヨガが生まれ はぐくまれていった場所に学びに行った

その滞在中に、「あなたも 次のトリップに一緒に行くのよ」 とインドからラブコールを受けた



私が想っている以上に 一緒にマットを敷いて プラクティスする日々の安心感や

それぞれの歩みと 安定した 静かなエネルギーを共有していることを喜んでいてくれている



長いこれまでの間 聖地へは ずっと遠くにある ぼんやりとした場所だった。


それよりも今居る 同じ’I’ ではじまるこの国 の小さな島にいつまでも飽きることがなかったから

他の場所や 他の国へのトリップは興味がしばらくなかった。



ようやく、その地を踏み、 そこでのプラクティスという経験をしてみたいという想いが近づいてきた



まだまだぼんやりだけど  いつかがやってくるその瞬間まで ずっと見つめてみようと思う



今までも想像しても分からなかった 沢山のミラクルがあった


その時には 今の痛みとは どう過ごしていっているのか

その歩みも楽しみ。


今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!

2015年1月19日月曜日

long journey



強く雨が降り、外に出る少し前に ぴたりと止んだ
雨と強い日差しが交互にやってくる日々

マットの上に立ち 呼吸を始めると再び全ての音を消してしまうほどの
雨の音だけが耳に入ってきた。



12月の後半から硬さと少しの痛みを伴う違和感と向き合っている
drop back,come up もお休みし、
マットについて三角のようになる Kapotasanaのポーズも始めた頃のように
とにかく少しずつ、毎日ちょっとずつ


ホリデーシーズンのころから、6回/週のプラクティスがイレギュラーになったり、
体調や、Moon day,my moondayの関係で 練習日が少なかった日々が続いたので
再びプライマリー(初級のポーズ)からセカンド(インターミディエットシリーズ)の私のフルポーズを
ゆっくりじっくり味わいながらのプラクティス。



こうして毎日マットの上に立って 練習できる日々を迎えられたことを感謝した12月後半から
早いもので月曜日が何度も繰り返されていた。


少し前の日、どうしても身体がおきない朝があり、少し観察してから お休みをとることにした。
その日は微熱がでていることを午後に知った。

練習にこうして戻ってから、幾度となく微熱が発生することがあるに気がついた。


再び、次の朝 練習に戻る。


その翌日my moondayがやっていた。

体温が高くなる月の女性のサイクルにプラクティスで熱を発生されることが合わさって
起きる変化の様だ。



土曜や、休息が重なり、いつもより長めの休みから明けて 日曜日が始まる。




気持ちよくエンジンがかかった月曜日は、雨の音ではじまった。


最後のチャレンジポーズまで向かうあいだ、隣でいつも一緒にマットを広げる ブロンドの彼女にも new poseがやってきた。

心の中で親指を上げ、私も静かに呼吸を続ける。



その影響もあってか、今朝は身体も気持ちも強かったので

チャレンジポーズを何度も何度も、何度も ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ・・・ を繰り返し


ホールド。




ティーチャーも一緒に見守ってくれていた。


その後、「vinyasa(ヴィンヤサ)」 と言われ 私はさっきのイメージを見つめていたので
あまり聞こえておらず、 座り、足を伸ばした。


Bharadvajasana


次のポーズがやってきた。

どちらかというと チャレンジポーズのイメージばかり頭にあったのだけど 笑




ひとつポーズが増え、今まで練習してきたどこかのポーズに変化が起ってくる


そのことにも ワクワクした。


また次のプラクティスから、強い心の練習が始まる :)




今日も遊びにきてくださってありがとうございます♪ Have a nice day!